読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松のを治療院

日々の気づきやお知らせを記していきたいと思います。

指圧師です。京都府亀岡市篠町にて施術しています。 亀岡市、京都市内への往診もしています。 ◎問い合わせ、相談はまずご連絡下さい◎   090-3625-1346  enkan567@gmail.com 

なるべくなら

相田みつをさんの言葉に気持ちが救われたという方は多いと思います。

ある患者さんのお宅には相田みつをさんの日めくりカレンダーが掛けてありまして、いつも往診したときにそのカレンダーを見てほっこりした気持ちになっている私がいます。
先日伺った日にはこんな言葉が書いてありました。

なるべくなら
うそのないほう
がいい

この「なるべくなら」とあることでどれほど赦された気持ちになることか。

小さな頃から人に嘘をついちゃいけないと教わってきたのに、嘘をつかないで生きてこられた人はどれほどいることでしょうか。
人にもそして自分自身のこころにも。

なるべくなら、そんな慈愛に満ちた視座で人と接していけたら。
施術者として、人として、そんな人でありたいです。

2017.5.16 滝

気づきとは体験です。
気づきがなければ体験していないのと同じこと。
気づきのなかで生きなさい。

④自然栽培野菜と野草と陰陽料理教室 @ 京都府南丹市 南丹交流の家

土筆ごはんに野草をふんだんにつかった揚げもの、炒めもの、和えもの。
自然界の恵みがたっぷりつまってます。

いただきまーす!



今回の料理教室に参加してあらためて感じることは、健康の基礎は食にあるということです。
食という字は人に良いと書いて「食」です。

まずは塩、醤油、味噌、油、この四つの調味料を正しいものに変えるだけでも体調にいい変化が生まれます。
日々の生活において意識することがほんの少し変わることで一年後、三年後、十年後と大きな変化に気がつくことができます。

ここに昔から日本にあった知恵を学んでいく価値は大いにあります。
元気でいましょう。

③自然栽培野菜と野草と陰陽料理教室 @ 京都府南丹市 南丹交流の家

ここで学ぶことは身体、食べ物、自然界、宇宙の陰陽を知ること。
食べ物をとおして宇宙をいただくこと。

話を聞いて実践しながら、質問しながら、野草の調理、アク抜き中〜。


②自然栽培野菜と野草と陰陽料理教室 @ 京都府南丹市 南丹交流の家

そして会場に帰り、野草をどのように調理していくのか西本法子さんから説明を受けて学びます。

自然に生えている野草はアクの強いものが多いので、美味しくいただくには丁寧にあく抜きすることを学ぶのが大事。
陰性のところを摘む、水洗い、塩茹で、醤油洗い、蒸すなど野草にあわせたアク抜きをしていきます。


①自然栽培野菜と野草と陰陽料理教室 @ 京都府南丹市 南丹交流の家

369商店の鈴木健太郎くんが主催して、若杉友子ばあちゃんの教えを受けた西本法子さんをお招きして野草の料理教室。

まずは外に出て有機農法をされている山田ファームでスナップエンドウの収穫。

その後はあぜ道に自生している野草摘み。
野草はヨモギ、ノビル、カンゾウノゲシ、オオバコ、フキ、ミツバなど。
緑いろ一色にしか見えなかったあぜ道から食べられる野草を見分けられるようになってくる。

認識が変わるとただのあぜ道に見えていたのが美味しい食材の宝庫に早変わり。
これが楽しい〜♫